沐浴後は白湯や湯冷ましをあげた方がいい?意外と知らない現代の子育て事情。

赤ちゃんの水分補給 沐浴

赤ちゃんのお風呂上りに「白湯を飲ませないの?」「湯冷ましをあげたほうがいいよ」なんて言われたことはありませんか?
これって子育てしたママならみんな経験していると思うんですが、恐らく年配の方に「白湯」や「湯冷まし」が必要って言われると思うんですよ。

そこで今回は、沐浴後の風呂上りの赤ちゃんに白湯や湯冷ましは必要なの?についてまとめましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

昔は白湯が主流だった

昔は新生児の頃から母乳やミルク以外に、白湯や果汁をあげていましたが、現代の子育てでは離乳食が始まるまでの赤ちゃんの水分補給はミルクや母乳で十分と言われています。

なので、必ず白湯(湯冷まし)が必要という訳ではないのです。

なぜ昔は主流で今は必要ないの?

白湯(湯冷まし)が必要と言われたのは昔の習慣で、ミルクの質が悪かった時代に始まったものだと産婦人科の先生が言っていました。

現代は粉ミルクの栄養価も高く、赤ちゃんがすくすく育つにはミルクだけで育てても問題ないと言われているんですね。

ただミルクのみで育てている時に、風呂上りにミルクを上げるとミルクの量が多くなると感じる場合は、風呂上りに白湯で水分補給をしても良いと思います。

今と昔の赤ちゃんの水分補給

昔は母乳やミルクの質が低いことから白湯や果汁で栄養価を補っていたんだと思います。

だからそうやって育ててきた年配の方々は、自分の子育て方法が絶対のように現代の子育てママにも「白湯を飲ませなさい」というんでしょうね。

私も第一子の時に母に白湯を飲ませなさいと言われて、飲ませた経験がありますが、まず赤ちゃんが飲みたがらない。「なにこれ?まずっ」みたいな顔するから余計に可哀想になって、それ以来あげていません(笑)
お姑さんは第四子の時まで毎回「白湯あげないの?普通あげるけどね」と嫌味っぽく言われ続けました(急に愚痴w)スルーしましたけどねw

今は母乳の出を促すハーブティーや、母乳の栄養価を高めるサプリメントなどもあるので、白湯が必ず必要ではなくなったという事でした。

スポンサーリンク

母乳は消化が良く欲しがるだけあげていいので、風呂上りにも水代わりにガンガン飲ませましょう(笑)

白湯とは?

そもそも白湯ってなに?って思うかもしれませんが、白湯は水を沸騰して冷ましたものの事です。湯冷ましとも言われますが、同じものの事です。

白湯は必ずあげるものではありませんが、あげちゃダメという訳でもありません。ママが必要に感じたら白湯で水分補給をさせてあげましょう。

白湯はなんで沸騰させるの?

水道水に含まれるカルキ(次亜塩素酸カルシウム)は胃腸に負担をかけると言われているので、それを分解するためにも、一度沸騰させたお湯を冷ましてから飲ませることで安全性を高めているのでしょう。

市販のミネラルウォーターじゃダメ?

ミネラルウォーターはミネラル成分が多いので、赤ちゃんの内蔵に負担をかけてしまう事があると考えられています。ミルクにもミネラルが含まれているので過剰摂取でミネラルバランスが崩れる原因にもなりかねませんね。

沐浴後の白湯の必要性まとめ

湯冷ましや白湯って、必ず必要なものじゃないという事がわかりましたね。

私は離乳食が始まるまでは基本的に母乳のみで育てていたので、白湯ってほとんどあげた記憶がありません。

ミルクのみで育てている場合も、沐浴のタイミングを調整して、沐浴後に授乳時間になるように工夫すれば、風呂上りに水分補給と授乳を同時に出来るので、白湯を上げる必要はなくなるのかな?とも思います。

大人でも風呂上りはのどが渇くし、水を飲みたい人もいれば牛乳派もいるように、赤ちゃんも風呂上りの水分補給は大切です。

何を飲むかは赤ちゃんの好みもあるかもしれませんね。

◆関連記事◆
新生児の沐浴のタイミングから我が家は何時に沐浴するか考えよう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました