新生児の沐浴失敗談!洗面所シンクで沐浴する時に本当に気を付けたい事!

慌てるママ 沐浴

新生児を沐浴する時の、私の失敗談を聞いてください。

今回は第四子の時に起こった、洗面所シンクで沐浴した時の失敗談になります。

これから洗面所のシンクで沐浴を考えているなら、読んで損はないと思います!

スポンサーリンク

新生児の沐浴失敗談

私の沐浴失敗談は、洗面所のシンクで赤ちゃんの沐浴をする時でした。
それまではベビーバスを浴室で使っていたので、シンクでの沐浴が今回初めてだったんですね。
まず高い位置で沐浴ができるので、夫婦そろって腰の負担が少ない事に感動していました(笑)

そして、いざ沐浴してみると、気持ちにも少し余裕があるので、ゆったりとした気持ちで沐浴する事ができました。
しかし問題はココからなのです。

ハプニング続出

新生児って沐浴中に結構動くんです。
そしてウチの子だけか知りませんが、手足をジタバタ大きく動かす事が多かったんですね。

最初は「よく手足が動くね〜」「元気だね〜」と声かけしていたのですが、その伸びた手で

固形石鹸を触る
蛇口をさわる
上の方の排水口に手が入る

などのトラブルが起きたのです!

こちらも石鹸をどかしたり、蛇口をさわれない位置に回したりしたのですが、丁度手を伸ばした位置にあるのが排水口。

ほら、洗面所の排水口って、水を貯めた時に溢れないように上にも細長い楕円状の形の穴があって、水が流れる様になっているじゃないですか?(他に目的があるのかな)

あの排水口がなんのガードもなく、新生児の手のサイズが入りそうな大きさなので、怖い怖い。
しかも、今回洗面所シンクで沐浴してる場所が義両親宅で、シンクが古いから排水口周りがサビてる( T_T)
私がイヤだった1番の理由が、そのサビた排水口に赤ちゃんの手が入る事でした( T_T)

沐浴が失敗した原因

今回は、赤ちゃんの手足がそこまで動くと予想していなかったので、沐浴中に慌てて物をどかしたりしました。
あとは、シンクの構造上、赤ちゃんが手を伸ばした位置にちょうど排水口があるという奇跡的な作りだったということ。

スポンサーリンク

私の実家の洗面所はど真ん中の上の方に排水口があるので、沐浴中にそんなハプニングはありませんでした。
ちなみに義両親宅は左上(笑)

赤ちゃんの沐浴に失敗した改善策

今回の失敗を経験して思った事は、洗面所シンクで沐浴する時、洗面所には固形石鹸や歯ブラシなど色々な道具があると思うので、とりあえず沐浴する時は赤ちゃんの近くに物を置かない事

ほんと沐浴してみないと、赤ちゃんってどこまで動いでどこまで手が届くか分からないし、沐浴中は赤ちゃんを洗う事にいっぱいいっぱいで意外と目が届きませんよ。

蛇口も手をバタバタした時に触る可能性があるので、1番奥にしまいましょう。

最後に排水口。これは、赤ちゃんの向きを反対にするか、沐浴マットみたいなもので洗面台を覆った方が衛生面や安全面でも安心出来ると思います。

沐浴失敗談まとめ

私の沐浴失敗談を読んで、これからの沐浴に役立つと嬉しいです。
後日談として、洗面所シンクでの沐浴で上の排水口に手が入る件については、赤ちゃんの向きを左右逆にして回避したのですが、めっちゃ支えにくかった。

沐浴で支えるのって利き手と逆がいいから、反対にするのは難しすぎました。(夫婦2人で沐浴してますが、それでも難しかったです)
今思うと洗面台に敷くシートを買えば良かったと後悔しています。

◆関連記事◆
新生児の沐浴はいつからするの?今更聞けない沐浴の基本知識と卒業の時期

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました